オーガナイズドセッションOrganized Sessions

OS3:Computer Visionの利活用の新潮流
VR/ARディスプレイのためのCV/AI技術の最新事情

森 尚平 氏グラーツ工科大

概要

MetaやMictosoftの頭部装着型ディスプレイ (HMD) やモバイル向けSDKの広まりにより,AR/VRはこれまでになく身近な存在になりつつある.目下,これまで注目されきた光学透過型HMDに代わって,映像透過型HMDが再度注目されつつあるという変遷も見受けられる.本講演では,こうした状況を鑑みて,映像技術を基盤とするVR/AR,そして,CV/AIがVR/ARにもたらす恩恵について,当研究グループでの取り組みを紹介する.また,HMDを一から組み上げた経験から,今後に望まれるハードウェア・ソフトウェアの展開について議論する.

経歴

2018年10月 – 現在 Institute of Computer Graphics and Vision, Graz University of Technology, Postdoctoral Researcher (Team Denis Kalkofen)
2017年8月 – 2018年9月 Institute of Computer Graphics and Vision, Graz University of Technology, Visiting Researcher (Team Denis Kalkofen)
2016年4月 – 2018年9月 慶應義塾大学 理工学部 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
2016年3月 立命館大学大学院 情報理工学研究科 博士後期課程修了(DC-1)

受賞歴:
Best Journal Paper Award at IEEE Virtual Reality (IEEE VR) 2022
Best Conference Paper Award at IEEE Int. Symp. on Mixed and Augmented Reality (ISMAR) 2021
Best Paper Award at IEEE Workshop KELVAR 2020
Best Demo Award at IEEE Int. Symp. on Mixed and Augmented Reality (ISMAR) 2015
など